作家の名前: みーちゃん

こんにちはみーちゃんです。私がずっと思ってることを書きます。

私は3歳の頃からずっと怒られ続けているどんなに治そうとしても治せない

いつからか怒るに殴るや蹴るが入ってきた

頑張って治そうとするでも次の日には記憶がリセットしたかのように怒られたことを忘れてしまう

それがずっと続いている

ある日「嘘」と言う盾を見つけた

嘘をついたら怒られないし殴られなかった

でも心がモヤモヤした

それからずっと続けて行った

でもある日からは心が痛くなった

親にバレた時はさらに酷かった

段々と心がボロボロになっていくでも心配させたくないから嘘の仮面を被った

でもある日親にこっ酷く怒られた。自分の事を考えてみた

何もできないし嘘を尽くし何か特別でもない親が怒るのも当然だ

そう考えるたびに心はボロボロになっていくと同時に涙が溢れ出た

死にたいって思ったこともあるしべつに自分が死んでもいいんじゃないかって思ったことがあった

でも死ねなかった、死ぬのが怖かった

親は時々優しいし環境は悪くなかった

でも心が疲れてしまったのだ

どうしたらいいかわからなくなってしまった

だから続けるしかなかった

これが今でも続いてる

誰かいい方法を教えてくださいお願いします

誰か助けてくださいお願いします

 

ページ: 1 / 1