歪む夏


作家の名前: ななかん

ある年の夏休みだった。私は宿題もまともに手を付けず、宿題をやらなくて済む理由を考えながらアイスをほおばっていた。そんな中、私は母が何やら出かける準備をしていることに気づいた。そんな私を見て母は「慧君のお見舞い行ってくるね」と言った。私は驚いた慧君は私の祖母や祖父も知っているうちの家では付き合いが長い知り合いなのだ。私はその数か月前慧君に会っている。その時のことを思い返したら私に心当たりはなかった。

ページ: 1 / 1