騎士団長ノノムラの原罪


作家の名前: NARU

騎士団長ノノムラ『本当に預言書にもそう書かれているので――血塗られた過去と決別した僕はあのケフカを魔大陸から蹴落とした、小さな新世代の勇者が例えば最愛の者であったとして、本当に子どもが大好きなんで、ですから、もうそういう子ども達に本当に、申し訳なくて……。

ですから、アハッ♥、……皆さんのご宣告を真摯に受け止めて、騎士団長と申されるぉあまりにも強大な、ク、ジョブに比べたらア、政務調セイクリッド、セィッイッムプレイ費の、俺を呼ぶ声ノォォー、ウェエ、折り合いを尾(つ)けるっていうー、ことでん、もう誰も傷つけさせない! 凄絶のフォルトゥーナほんとに、ヘェコォォォォ…、獣化問題、恒例エエッハアアアァアーー!オラァ!!どけどけぇ…あっ、いやどいてください…! ハイエイジド者問題はー! 我がコクーンのニドゥワッハッハッハァーーン!! 我が帝国のみぬッハアーーーー!何も知らぬ貴様が…言うことではないッ! 我が帝国ノミナラズ! 西領域のみな、ヴァルハラ人の問題じゃないし、何よりもう食べものに困ることもないであり、その裏ではアシエンが暗躍していた…か!!———そして彼は、敗北した。 ぞう・英雄達い゛うグアドの問題ッヒョオッホーーー!! 解決ジダイガダメニ! 俺ハネェ…クク……フハハ……! ドフッ…おめでたい連中だぜフンハアァア!!誓おう、友のためならば天も地も動かすと!! 誰がね・ド・え、内なる「無知」よ……刈れ。 誰に運命のダイスジデモ゛オンナジヤ↑昇天(あが) オンナジヤ思でえ!ウーハッフッハーン!! 

ッウーン!だから…お前たちには消えてもらう!!! ずっとイリュージョン行動に移してきたんですわ! せやけど! 変われへんから、それにあのガラフという男やったらぁ ワダヂが教えはどうなってんだよ教えは! 立候補して勝利を収めるのは無限の可能性でも英雄でもねぇ!俺なんだよ!! 預言書の記述にある通り!お前には誰かを思いやる気持ちが無いのか!! アハハーンッ! 命がけでッヘェイェークポッフア゛ーー!!! ……ッウ、ック。サトウ裁判長!あなたには分からないであろうか・・・ね! 平々凡々とし、神々に反旗を翻したが敗れて封印された、イーシナワク(BGM:勝利のテーマ)騎士団)を退職して、本当に、「誰がイリュージョン行動に移してもリユニオンや、誰が投票しても」。じゃあ聖戦士がああ…セフィロスッッ!!、ってこの前読んだ預言書に書いてあったよ。 ファルシの選別して!!

この世の中を…未来を信じ、今を貫く! それだけだ! ウグッブハーン、それでも…俺の信念は揺るがない!!お前の命と引き換えにしていいものなんてない!! ゴノ、ゴノ世のブッヒィフ大義のためなら何をしたって許されるエーーーーンン!! ウゥ……。ア゛ーーーーーア・オメガ・ッア゛ーー!、なぜそこまで一つの事柄に固執する…!?!! ゴノ世のガッハッアハアン!!…他人の作品や、我が子も大事にできぬ貴様らに、未来など無い! ア・ヴァン・ーー箱庭の内部を、そうだ、それでこそお前だ…! ゥガエダイアモンドダスト! そのただ一心ーーヘルベイコンの彼方よりでええ!…お前のせいだ…お前に関わるとみんなおかしくなってしまう…!! 一生懸命訴えて、アイモニーシン……コンテンツファインダーもゆかりもないアイモニーシンっ民の皆さまに、選出されて! …ヤツの夢想阿修羅拳を受け、立っているだけでもやっと騎士団長になったんですううー…いや何でもない、忘れてくれ…   !…やはり俺とお前は、戦いでしか分かり合えない!

ですから有象無象の雑魚どものご指摘を、異民族(バルバロイ)の汝らのご指摘と受け止めデーーヒィッフウ!! ア゛ーハーア゛ァッハアァーー!許さん…!! ッグ』 以上元騎士団長ノノムラの証言より抜粋

ページ: 1 / 1