魔美の冒険記 


作家の名前: るうむ

術呪 魔美(じゅつじゅ まみ)―。それは、魔法の世界の一人である。これは、ちっぽけな魔美が大きな冒険を通して、仲間との絆を深め、魔法界のスターになるという物語だ・・・・・。

 

「・・・・みさん・・魔美さんッ!!」

「はいぃぃっ!」

またやってしまった―。居眠りしてしまったのだ。

「まったく、、、今日は居残りです!」

「ええええぇぇぇぇぇぇぇ!?」

自分がしてしまったことの重大さと、めんどくささを実感した。居残り?何をやるのだろう。

みんなが帰って、魔美は先生と一人教室にいた。タイマンバトルのような雰囲気である。

「今から、魔美さんには『呪文の授業中に居眠りをしたこと』について、反省文をですね・・・」

先生がペラペラと喋る間、私は「?」が頭に浮かび続ける。サクブン?なにそれ?どうやって書くの?

質問すると、先生は石化した。空気の読めない私は、なんで石化したかよくわからないので帰った。

帰る途中、なんだか自分が嫌になって、後悔して、取り返そうともしないで、また自分が嫌になる。

毎日毎日、それの繰り返し。ただそれだけの生活。

誰にも打ち明けられないから、いつも明るく振る舞う。

カバンをベッドに放り投げ、パートナーのるるに聞いた。パートナーとは、将来旅をするにあたっての助手みたいなものだ。

「なんで宿題とか、学校があるの??めんどくさすぎ!!」

すると、しっかり者のるるは

「魔美はもうすぐたびにでて、修行するんだからね?しっかり勉強しないと、困るでしょ?呪文の一つぐらい、覚えれば?」

ああ、るるっていっつもこうだ。私をどうにか説得しようとしてくる。誰かに縛られてるみたいで、それが嫌で・・・・ん?待てよ?

「あぁっ!!!」

「うわっ、なによ魔美!!」

るるが怒る。

「もう旅に出ちゃわない?縛られずに自分なりに修行しようよ!」

「はいいいいいいいい!?」

るるは甲高い声をあげ、ふらっとよろめいた。と思ったら、

「ちょっと、魔美ふざけんじゃないわよ!!あなたろくに勉強もできないし呪文の法則も覚えられないのに・・・しかも、この年で行けるのは特待生だけだよ?」

と怒鳴った。そうだった。私はクラスのワースト1位なんだ、、、そこで、勇気を振り絞って言った。

「・・・今から特待生を目指す」

るるは、さらに信じられないというような顔をして、言った。

「ほんっっっとに頑張るのね?」

「うん」

その声を、決死の覚悟で絞り出した。

ああ、これからはもうゲームもせずに勉強ざんまいの生活になると・・・

ページ: 1 / 11